釦 (ボ タ ン)

製作の最後は釦付けです。

作図、パターン、生地選び、縫製という流れの最後の喜びの作業,,,?

どうしてもこれが、悩みになるときがある。

釦はデザインの一部なのか、留め具として機能していればいいのか。もちろん両方ということでしょう。

ですから生地同様に選ばなければなりません。大抵は最後に。

ただ、生地と違って釦は加工された製品です。素材ではない。

デザインにあう理想的な釦というのは、なかなか無いものなのです。

しばしば釦なしの服をつくる理由のひとつでもあります。

小さくともしっかり主張しますからね、釦は。

ぼくは水牛の角でつくられた釦をよく使います。部位によって様々な色や模様がある。

生地だって獣毛や植物などからつくられているので、相性が良いのではないでしょうか。

服をみるときに、釦をみてみるのも面白いとおもいます。けっこうこだわりの釦を使っているかも?です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

皮 膚

ネパールのハニーハンター

とても格好が良い、素敵。

これは服というのだろうか? 布を纏っている。

衣服というものは、第二の皮膚と形容されることがしばしばあります。

はじめて耳にしたとしても、大抵はなるほどとなるでしょう。

人は文明とともに公衆の面前では常になにかしらを身に纏うようになりましたから、人目に触れる衣服は、皮膚と呼んでもいいでしょう。

ただ、ぼくは正直にいって、そういう感じで衣服を見れたことがないのかもしれません。

皮膚って心の琴線に触れる、温もりや潤いやしなやかさがあるから。

そんな服、ほんとうにあるのだろうか? 作り出せるものなのだろうか?

ありましたね、ネパールのジャングルに。

ぼくはここから何かを学ばなければいけませんね…

 

 

 

 

 

 

 


安らぐ

 

きれいな服となるよう、細かな課題をひとつひとつこなしていく。

あとで気がつくことがあっても、もうそこには戻れません。ひとつも見落としたくない。

一着の服と成るころには、そんな思い出がたくさん詰まった立体になってしまいます。

ここをこうすれば、生地へのダメージは、いろいろなことが頭をよぎる。あまり直視できない。

けれど、出来上がったサンプルをラックにかける時、ふと袖のカーブに目が留まり、

ウールの柔らかさと曲面の柔らかさに心が安らぐ。

そういう服に出会えるとうれしい。

 

 

 

 

 

 

 


釣り紀行 5月編

先日、三浦半島の城ヶ島へ魚釣りに行ってきました。

ずっと以前から付き合いのあるバイヤーさんと、仕事の話を兼ねて。

氏曰く、ファッションとは釣りのごときなり、だそうです。変わった人だ。

けれど不思議と帰る頃には、 ぼくも納得していた。

釣り道具は全部用意していただきました。

ぼくの荷物はビールだけ。駅前の商店でおもわず買ってしまう。なにせ天気が良い。

釣りをしようというのに不謹慎かつご迷惑かとは思いますが,,,ぼくは糸を垂らせばそれでいいのでご容赦ください。

せっかくのシチュエーションなのだから、もう少し非日常を感じたい。

もともと釣りは好きですが、見ているだけでも充分楽しい。ぼくは魚釣り人を肴にビールを飲むのだ。

とはいえ、駅から目的地まではまだまだ先。バスを降り、岬の灯台まではそれなりに歩く。

気がつけばビールはもうぬるくなっていた。


ブログ

気がつけばブログを始めて一年が経過していました。

第一回はたったの一行。

テストを兼ねていたからなのですが、気分的にはこれ位でいいかな?なんて思っていました。

一年間で145件。3日に一回以上更新している計算。

ただ、最近はのんびりペースになっています。

フワリと柔らかい内容にしたかったのに、気がつけば文章や写真を考え込んでしまっている。

故に遠ざかってしまう。

作品ではないけれど、みてくれている人を想像すると『なにか』を表現しようとしてしまいます。エッセイストでもないのにね。

日々の生活の中でふいに想いが頭をよぎる瞬間、文章を考えます。うんうんとうなずくのですが、

ブログにするにはどうしようかな?なんて思っているうちに忘れてしまう。

そんな徒然なる内容を日記みたいにメモするブログだった筈なのに。

一年経過したのかと気付いた今日、そんなことを思い出しました。

また明日からそんな気持ちで生活しようと思います。

 

 

 


トンビ

 

さっきまで晴れていたのに急に暗くなってきた。冷たい風がふいてる。

『あれは鷹かな鳶かな?』話し声がします。

学術的にはどちらも同じ鳥なのだ。大きさの呼び方にすぎない。

そんなことを思いながら見上げると確かに飛んでいます。

 

空中で静止しているような鳥をしばらく眺めていました。

人はかがんでしまうような風のなかを、写真みたいに止まっています。

鳥のまわりだけ平和な世界かのように。

 

空の王者の気持ちは僕にはわからないけれど、

風の使い方はなんだか、、わかるきがします。

 


そわそわ

海のむこうで仕事をしている友人と7年振りに会う。

駅まで迎えに行きました。昨晩から緊張している。少し早く来てしまった。

ベンチに座って改札を見る。とはいえ、みつけたらなんて声をかけよう。

やっぱり緊張している。

ふと鼻先にいい香りを感じました。目線をそちらに向けるとこんな花が咲いている。

香りとともに過去の色々な心の揺れ動きを思い出します。

僕はこの友人と話をするのが好きなのだ。

 

まだ来ない。

こんなにそわそわするのは、いつ以来だろう。

ぼくに会う為に恵比寿に来てくれた友人を、不器用な笑顔で迎えた日。