皮 膚

ネパールのハニーハンター

とても格好が良い、素敵。

これは服というのだろうか? 布を纏っている。

衣服というものは、第二の皮膚と形容されることがしばしばあります。

はじめて耳にしたとしても、大抵はなるほどとなるでしょう。

人は文明とともに公衆の面前では常になにかしらを身に纏うようになりましたから、人目に触れる衣服は、皮膚と呼んでもいいでしょう。

ただ、ぼくは正直にいって、そういう感じで衣服を見れたことがないのかもしれません。

皮膚って心の琴線に触れる、温もりや潤いやしなやかさがあるから。

そんな服、ほんとうにあるのだろうか? 作り出せるものなのだろうか?

ありましたね、ネパールのジャングルに。

ぼくはここから何かを学ばなければいけませんね…

 

 

 

 

 

 

 

広告

ハンドメイド

セーターが好きです。アルパカの毛糸でいつも編みます。

takizawa narumiブランド製品は基本的にアトリエで生産している。

速度の速いプレタポルテ業界では、むしろ異例なのかな。

いま現在の自分の立ち位置ではこの形態がむいているのでしょう。

何を作っても新たな発見や経験の積み重ねで、次のコレクションへのステップとなっています。

ワゴンセールで売られている服や何千着と生産される服も、人間が縫っていることに違いはないのですが、温もりみたいな情緒的なものは感じられないもの。

このセーターからは温もりを感じます。自画自賛ではありません。

わたしは編み物は出来ないので、製作は母に頼んでいます。

おかあさんの手編み。  ね、温もりあるでしょう♩


驚く

展示会が間近になりました。

毎日毎日サンプル製作で、デザインや素材について考えています。この期間だけは。

長い期間このことばかりに取り組んでいると、感性が麻痺してきます。

閃きや技術は研ぎすまされていくので、効率は決して悪くはならないのですが、なにかしっくりこない。なぜか...

ぼくにとっては、クリエーションとは少なからず痛みを伴うといいますか、悩みぬいて答えに近づくというようなイメージ。

なので必要なのです。つらいけれど。

ただ、慣れは痛みを忘れさせる。なので麻痺してくるのです。

ですが今日、そんな僕の目が覚ますような仕事に出会いました。

夜ふらりと現れた長唄の師匠さんの着物が素晴らしかったのです。

そば屋に行くところを少し足止めして眺めさせてもらいました。

ばあさんが拵えてくれたという羽織の裏地。絞り染め。とても美しい手仕事に感動しました。

絞り染めとは、布の一部に糸で縛る、縫い締める、折るなどして圧力をかけた状態で布を染めることで圧力のかかった部分に染料が染み込まないようにし、模様が作られるという染色法です。

模様しか見たことがなかったので、絵になっていることに新鮮な驚きです。とても活き活きとした鯉が跳ねていました。

このデザインの仕事をしていて久しぶりの驚きかな。

結局ぼくはこの仕事が好きなんだ、ということを再認識した出来事でした。

 

 

 

 

 


夏に出会う

アパレルでは、ピーチスキンというのは繊維の表面を薄起毛させたり、微小ループを作ることにより、桃皮ような風合いを持たせた生地のことです。

肌触りは柔らかく滑らか。起毛させているためにマットな色合い。

夏に出会う植物たちをみてそんなことをふと思う。ついでに待っている仕事も思い出す。


DURALUMIN

定規は仕事で欠かすことのできない道具の一つ。

平行線や垂直線などを多用する為、方眼定規をいくつか使っています。

しなやかなプラスチック製が良い。曲線の長さを測るときに、線にあわせて曲げて使うので。

当然ながら目盛りが正確でなければ定規としては不充分、

ではあるのですが、こんな定規も好きです。フランスの古道具。

人間なので、質の向上は精密さだけでは計れませんからね。

良い道具というのは、良い仕事をさせてくれる道具です、わたしにとっては。

 

 


毎日というわけではないのですが、今日の作業はたくさん綿埃がでた。

掃除をしても次の日いろいろな所に積もっている。

アトリエは白、よく作るサンプルの色は黒、、、大変だ。

自分の服も埃まみれになっている。ですからクチュールの世界では白衣を着るようです。

訳あってわたしにはタブーなのですが、ほんとうは、、着たいです。


一言でいうと麻

本日は麻を裁断しました。

毛羽立つ生地でした。生地の表面が、短い繊維で覆われる感じですかね。

ですので質感はマットです。

反対にシルクなどは繊維が長くて滑らかなので光沢感があります。

麻素材は光沢がない?いえ、そうとは限りません。

麻はけっこう種類があるのです。

生地となるのは主にヨーロッパが産地のリネンという麻。亜麻といいます。

それ以外に、苧麻(チョマ)という麻があります。ラミーというのですが。

こちらは繊維が長めで光沢もあります。とても美しく、高級な素材なのです。

たいていはどちらも麻と表記されてしまいますが。

麻は着込んでいくと独特なシワ感や垂れ感がでてくるので面白い素材だな、と最近気付きました。