皮 膚

ネパールのハニーハンター

とても格好が良い、素敵。

これは服というのだろうか? 布を纏っている。

衣服というものは、第二の皮膚と形容されることがしばしばあります。

はじめて耳にしたとしても、大抵はなるほどとなるでしょう。

人は文明とともに公衆の面前では常になにかしらを身に纏うようになりましたから、人目に触れる衣服は、皮膚と呼んでもいいでしょう。

ただ、ぼくは正直にいって、そういう感じで衣服を見れたことがないのかもしれません。

皮膚って心の琴線に触れる、温もりや潤いやしなやかさがあるから。

そんな服、ほんとうにあるのだろうか? 作り出せるものなのだろうか?

ありましたね、ネパールのジャングルに。

ぼくはここから何かを学ばなければいけませんね…

 

 

 

 

 

 

 


安らぐ

 

きれいな服となるよう、細かな課題をひとつひとつこなしていく。

あとで気がつくことがあっても、もうそこには戻れません。ひとつも見落としたくない。

一着の服と成るころには、そんな思い出がたくさん詰まった立体になってしまいます。

ここをこうすれば、生地へのダメージは、いろいろなことが頭をよぎる。あまり直視できない。

けれど、出来上がったサンプルをラックにかける時、ふと袖のカーブに目が留まり、

ウールの柔らかさと曲面の柔らかさに心が安らぐ。

そういう服に出会えるとうれしい。

 

 

 

 

 

 

 


Georgette crêpe, crêpe Georgette

ウールジョーゼット

強撚糸による独特のシボは好みが分かれるところですが。

柔らかくマットな質感はほかでは味わえないので、よく使います。

ジョーゼットはドレープさせたときに生地の良さが出る。

平織りなので、左右の癖がなく、ヨジレにくい。まさにドレープ向きです。

過去のサンプルもジョーゼットで再構築することにより、また違う服に生まれ変わりました。

ありがとう


驚く

展示会が間近になりました。

毎日毎日サンプル製作で、デザインや素材について考えています。この期間だけは。

長い期間このことばかりに取り組んでいると、感性が麻痺してきます。

閃きや技術は研ぎすまされていくので、効率は決して悪くはならないのですが、なにかしっくりこない。なぜか...

ぼくにとっては、クリエーションとは少なからず痛みを伴うといいますか、悩みぬいて答えに近づくというようなイメージ。

なので必要なのです。つらいけれど。

ただ、慣れは痛みを忘れさせる。なので麻痺してくるのです。

ですが今日、そんな僕の目が覚ますような仕事に出会いました。

夜ふらりと現れた長唄の師匠さんの着物が素晴らしかったのです。

そば屋に行くところを少し足止めして眺めさせてもらいました。

ばあさんが拵えてくれたという羽織の裏地。絞り染め。とても美しい手仕事に感動しました。

絞り染めとは、布の一部に糸で縛る、縫い締める、折るなどして圧力をかけた状態で布を染めることで圧力のかかった部分に染料が染み込まないようにし、模様が作られるという染色法です。

模様しか見たことがなかったので、絵になっていることに新鮮な驚きです。とても活き活きとした鯉が跳ねていました。

このデザインの仕事をしていて久しぶりの驚きかな。

結局ぼくはこの仕事が好きなんだ、ということを再認識した出来事でした。