群島

アーキペラゴ、はじめて聞く言葉。何語なのかわからない響き

Archipelago:群島 という意味の英語でした。

青山のギャラリーにて、Satoko Sai + Tomoko Kurahara Year’s Plate 2012 『アーキペラゴ』にお邪魔しました。

詳しくは          http://saikurahara.com/

 

一点一点余白やモチーフのバランスが異なっていて、お皿に個性がある。

シルクスクリーンで絵付けされています。僕の仕事でも同じ手法を用いるので、そんな話でも参考になります。

シルクスクリーンというのは版画みたいなものなので、基本的には大量にプリントする場合に用いる。

だから仕上がりもそういう製品みたいになりがちなのですが、二人の作品からそんな雰囲気を感じない。

やはり手作業というのは作品に魂みたいなものがはいるのかな?

微妙なぶれや、かすれが、むしろ作家の緊張感や息づかいや人間性までも伝えてくれる気がする。

だから好きなものは、作家も作品もどちらも好き。勝手な判断だけれど。

展覧会などで作家さん達と話す機会がとても多いので、そんな考察になるのでしょう。

ぼくも作業をする側の人間なので、彼らとの会話はまた違った話が出来るのです。

そして作家の、ちょっとだけ他のものよりストーリーのある物を持ち帰る。

貰うわけではないですよ。

 

 

 


洋食器

ぼくは器に愛されている。

おおげさにいいました、果報者かな?よく器をいただきます。

好きだから、とはいえ多い気がする。とても幸せです。

こちらはロイヤルコペンハーゲン。

包み紙がとても綺麗。揃って記念撮影。

手書きモチーフと藍色がgood.