守 宮

先日珍しいお客さんが来店しました。

連日の暑さで通りの人影もまばらな中、ありがとうございます。

『ヤモリ…!?』

漠然とそう思ったのですが、あとで調べたらやっぱりこれはヤモリ。産まれて初めて見た。

皮膚は中身が透けて見えそうな位に半透明なベージュで砂のような擬態。鱗がないのだろうか、とてもマットで美しい。吸込まれそうな雰囲気。こういう雰囲気の生地はない。

頭が意外に大きい。いかにも蜥蜴らしい。目も大きくて、夜行性だから瞳孔は縦長だ。

でもやはり目にとまるのは指先でしょうか。未成熟な葡萄のよう。尖端がぷっくりしている。

最初は少しとまどいましたが、観察しているうちにだんだん愛おしく思えてきます。アニエスb.もきっとそう思ったのだ。

きっとぼくの気配は感じとっていたのでしょう。緊張してすくんでいるようでした。

もっと近くで観察しようと思い顔を近づけると、すごい速さで移動する。なんだやればできるじゃないか。

ぼくも慣れてきた、もう手で捕まえられるので草むらにでも逃がしてあげようと思う。かんねんしてしまったヤモリはおそるおそるぼくの掌に乗りました。

安全そうな草むらまでは掌から逃げないでくれよと両手で包んで運ぶ。けれど草むらに着いてもなかなかぼくの掌から移動してくれない。

変温動物だから暖かい掌が気に入ったのかもしれません。ますます可愛いやつだ。

でも仕事があるから後ろ髪ひかれながらお帰りいただく。ぼくは普段たいして仕事していないのに、いや、仕事をしているふりをしているだけなのに、こういう時だけ仕事しなければ、とか思う。これが日本人なのだろうか。

そんなことを考えつつ店に戻る。店は真っ白で、夜も明かりがついています。だからこの季節は虫が飛んでくる。

きっとそれを食べにきたのでしょう。

また会えたらいいなと思う。お客さんを見送るときはそう思う。

 

 

 

 

 


故障

 故障は、その対象に何らかの問題があるために、機能が発揮できない状態である。

先日わたしのミシンが突然動きを止めました。大人だって持ち上げられないこの鉄の塊が経年劣化で壊れる、そんなわけはない。

折れた針が偶然にもミシンの内部で楔のようになってしまいました。原因は自分のほう,,,

デニムでも革でも貫くミシンが一ミリにもみたない針で身動きがとれなくなる。機能が発揮できない状態です。

仕事にならないので修理しようとおもいましたが、機能は理解していても仕組みまでは何も知りません。

そもそも原因ですら分からなかった位です。

悪戦苦闘の末、折れ針を取り除くことはあきらめ、部品を交換することになりました。

ミシン屋さんに在庫のパーツがあったので購入。あとは取り付ければOK。

ただ、セッティングがむずかしい。コツは教えてもらったのですが、緊張の作業。ほんの少しのブレも影響がでるらしい。

美しいステッチの為に、とても滑らかに動く精緻なマシンなのだということに改めて気付きました。

産業革命の頃からほとんど仕組みが変わっていない。なにが変わるかといえば、使う人。

ミシンをもっと大切に使おうと思う。それは気持ちの問題ではなく、ミシンのポテンシャルを最大に発揮させることが出来るはずだ、ということです。

それは間違いなくサンプルの質も上げてくれるでしょう。

ぼくに何らかの問題があるために、機能が発揮できないのはイヤですねもの♩

 

 

 

 

 

 


釦 (ボ タ ン)

製作の最後は釦付けです。

作図、パターン、生地選び、縫製という流れの最後の喜びの作業,,,?

どうしてもこれが、悩みになるときがある。

釦はデザインの一部なのか、留め具として機能していればいいのか。もちろん両方ということでしょう。

ですから生地同様に選ばなければなりません。大抵は最後に。

ただ、生地と違って釦は加工された製品です。素材ではない。

デザインにあう理想的な釦というのは、なかなか無いものなのです。

しばしば釦なしの服をつくる理由のひとつでもあります。

小さくともしっかり主張しますからね、釦は。

ぼくは水牛の角でつくられた釦をよく使います。部位によって様々な色や模様がある。

生地だって獣毛や植物などからつくられているので、相性が良いのではないでしょうか。

服をみるときに、釦をみてみるのも面白いとおもいます。けっこうこだわりの釦を使っているかも?です。